理想の平泳ぎのキックは誰しもが真似できるわけではない


平泳ぎのキックがなかなか進まないことで悩んでいる方も多いかと思います。


原因は色々あるのですが、今回はそのうちの一つ、自分の身体にあったキックをしていないことについて書きたいと思います。


書籍とかで平泳ぎのキックの方法が書かれていますが、実はすべての人がその動きをできるとは限りません。


平泳ぎは、股関節、膝関節、足首を使いますが、この部分の柔軟性にかけている方が、その理想とされる動きを真似ようとしても、平泳ぎのキックで一番重要な足の裏で水を押しだす動作ができなくなってしまいます。


ですので、書籍等に書かれているのはあくまでも理想です。何よりも大事なのは、自分の身体に合わせたキックをすることです。

ウィップキックはしない


平泳ぎにおける、ウィップキックは、ひざとひざの間隔がせまくて、かかとを外回りに回すキックです。


抵抗が少ないので、このキックをススメている書籍もありますが、関節の硬い方がこれを真似ても、キックが上手くできない上に、故障の原因につながります。


みなさんは、おばあちゃん座りができるでしょうか?


これができるのであれば、このウィップキックを勧めます。


もしできないのであれば、無理してこのキックをする必要はありません。ウィップは諦めて、次で説明するウェッジキックを行ってみましょう。

ウェッジキックで自分がキックしやすいポイントを探る

というわけで、ウィップを諦めた以上、選択肢としては、このウェッジキックです。


ウェッジキックとは、ひざを開いて引きつけるキックです。


確かにひざを開く分、抵抗が生まれますが、身体が硬い方でも、楽に脚を引きつけることができます。


その抵抗を作ってでも、自分の身体にあったフォームをとり、その後に強い推進力を生み出すキックを出すことが重要です。


とはいえ、ひざの開きについては、できるだけ狭いにこしたことはないので、まずいちばん楽にひざを曲げるポイントはどこかを探ります。


そして、柔軟性がでてきたら、徐々にひざの間隔を狭めるようにしていきましょう。

まとめ

平泳ぎのキックで一番大事なのは、脚の裏で水を捉えて、後ろにしっかり押すことです。


ですが、理想を求めて、自分の身体に合わない動作をしていると、この大事なキックができません。


自分の身体に合わせた泳ぎをする、これを意識して練習に励んで下さいね。

スポンサードリンク



文責:細木 貴之



■お問い合わせメール大歓迎です


お問い合わせはお気軽にどうしたら泳げるようになるのか? 早く泳ぐコツは? などなど・・・
聞きたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。!