進まないキックの典型的な形

平泳ぎのキックの足のひきつけは、足のかかとをお尻に近づけるようにしますが、ひざからひきつけてしまい、ひざがおなかの下に入り込むキックをする方が多いです。
特に、初心者の方にみられるキックです。まだ平泳ぎのキックの感覚がつかめないため、足の裏を強引に後ろ方向に向けようとする意識が働き、おしりが上がってひざがおなかの中に入ってしまうのです。


また、思い切り後ろに蹴ろうという意識で、足をひいてくるとこのような形になります。


一見、足もいっぱい引いて、かつ足の裏が後ろに向くのでしっかり水を押し出せるように思えますが、股関節駆動になるので逆にパワーは入りません。


さらに、ひざがおなかの下に入ってしまうことで蹴る方向が斜め後ろ方向ではなく上向きに働いてしまいます。


さらにさらに、おしりが上がってしまうので、勢いが完全に止まり、まるで尺取虫のような感じにヘコヘコとした動作になります。


ということで、平泳ぎのキックが進まない原因の大きな理由の一つが、このひざがおなかに入るというものです。


確かに、股関節やひざ関節が硬い人はやむおえなく、こういうキックになりがちですが、できるだけひざがおなかの下に入り込まないキックができるように矯正していきましょう。

ひざがお腹の下に入らない矯正練習

さて、みなさんのひざの位置はどうでしょうか?意外と気づかないものなので、一度誰かに見てもらうとよいです。


さて、このひざがおなかに入る癖を矯正するいい練習方法があります。


それが、背面平泳ぎキックです。


背浮きの状態で、逆向きに平泳ぎのキックをします。こんな感じです。


この時に、ひざが水面からでないように注意します。


おなかの下にひざがくる方は、この時に水面からひざがでますので・・・


かかとをゆっくりとお尻のほうに近づけて、土ふまずに水をかけて後ろに蹴って足を延ばします。


この練習を続けてやってみてうまく進むようになれば、通常の平泳ぎのキックに戻ってみましょう。この時も、背面キックのようにひざを意識して行うようにして下さいね。

スポンサードリンク



文責:細木 貴之



■お問い合わせメール大歓迎です


お問い合わせはお気軽にどうしたら泳げるようになるのか? 早く泳ぐコツは? などなど・・・
聞きたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。!