今回は前回から引き続き平泳ぎ編です。


私は平泳ぎを専門にやってきましたが、振り返れば練習の7割程度はキックの練習をしてきたように思えます。


平泳ぎは4泳法で唯一キックの推進力が強い泳ぎです。


そのためには、キックの練習が大事になってきます。


前回は、自分の体に合ったキックを行うことについて書きましたが、今回は伸びのないキックということで書きたいと思います。

初心者ほどキックを何度も何度もしている

平泳ぎのキックは、1回のキックでどこまで伸びるかが大事になります。


初心者の方は、とにかくキックを何度も何度もうって前に進むんだという意識が強いようです。


平泳ぎのキックは、ひざを曲げるひきつけ動作の時点で、一瞬止まります。


ですので、何度も引きつけることでブレーキを掛けてしまうのです。


なので、できるだけ少ない回数でキックをすることです。


伸びている間はできるだけ次のキックは我慢です。


ただし、完全に伸び切ってしまうと、その状態からうまく蹴ることができないので、伸びきる前に、次のキックを行いましょう。


キックする、しっかり伸びる、そして次のキック、この流れで行うことを意識しましょう。

蹴った脚をあげてみよう

せっかく伸びることができても、伸ばした脚が沈んでいると抵抗になってブレーキがかかります。


蹴った後は脚を伸ばし、それを上に上げてきましょう。


コツは、お尻を締めるようようにすれば上がります。


私の超わかりにくい手書きでのイメージを載せておきます。しかし、手書きは本当難しいですね。。。ちゃんとお絵かきソフト買います(笑)

これができるようになると、蹴った後に一瞬グッと前に進む間隔がわかると思います。


最初は難しいと思うので、壁キックでやってみるとよいでしょう。

25m何回のキックでいけるか計測してみる

キックがある程度できるようになった中上級者は、25mを何回のキックでいけるかどうかを計測してみましょう。


当然、少なければ少ないほどいいです。


10回を切れるようにまずは頑張ってみましょう!

まとめ


今回は伸びないキックについて書きました。


とにかく伸びることを意識するようにして下さい。


さて、キック1回で進まないという確信的なところについては触れませんでした。


こちらについては、次回で述べていこうと思います。

スポンサードリンク



文責:細木 貴之



■お問い合わせメール大歓迎です


お問い合わせはお気軽にどうしたら泳げるようになるのか? 早く泳ぐコツは? などなど・・・
聞きたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。!