いきなりクロールの呼吸をしようとするからできない


水泳で最初にやってくる壁が、このクロールの呼吸といっても良いでしょう。


本当にたくさんの人から、クロールの呼吸ができないという相談を受けます。


実際、その方達のクロールを見てみるのですが、そもそも呼吸の仕方自体が誤っていることが多いです。


クロールは横を向いて呼吸しますが、通常の呼吸ですらできていない状態で、いきなりクロールの横呼吸を習得しようとしても、なかなか難しいものがあります。


ですので、クロールの呼吸でつまづいている方は、まずは水中での呼吸の仕方をマスターしましょう。


それができるようになったら、次は前呼吸、そして横へとステップアップしていきます。

まずは水中での呼吸の仕方をマスターする

以前の記事でもかきましたが、陸上で生きている人間にとって、無酸素の水中での呼吸なんてそもそも教わらない限り知ることはないのです。


水泳の呼吸の第一歩として、まず水中での呼吸の仕方をマスターしましょう。

息をとめっぱなしにしない

水中に顔をつけると、息ができないので、完全に息を止める方が多いです。


確かに息を止めておく場合もあるのですが、よくよく考えてみて下さい。


我々、陸上で生活していて、何か目的がない限り息を止めるシーンってそんなにないですよね??


水泳も同じで、基本は水中でも息はします。

水中では鼻から息を吐く


では実際に水中でどうやって息を吐くか?


水中で息を吐くには鼻からでも口からでも構いませんが、できれば鼻から息を吐けるようになっておきましょう。


鼻に水が入ることを恐れる方がいますが、鼻から息を吐くことで、水が鼻に入るのを防止します。


トップスイマーの水中からの泳ぎを見ていると、口からも鼻からもしっかりと息を吐いていることがわかります。

すべての息を吐ききって新しい空気を取り入れる

鼻から息を吐き、最終的に息をすべて吐ききって、次の新しい空気を取り入れるようにします。


では実際に練習してみましょう。


①立ったまでいいので、水に潜ります。潜っている間は鼻から息を吐きます。


②鼻から息をだしながら、徐々に顔を水からだしてみましょう。


③顔を出した際に、すべての息をパッと吐ききりましょう。このときは口から思い切り吐ききってください。


④息を吐いた反動で、新しい空気を取り入れましょう。この時に、鼻から吸わないように注意して下さい。水が入る可能性があります。


上記の①から④を繰り返し練習してみて下さい。これが苦しくなく、何度も繰り返しできるようになると、呼吸の仕方はもんだいありません。

ブクブクパッの要領で

以前の記事にも書きましたが、この一連の動作は「ブクブクパッ」というリズムになります。


鼻からブクブクと息を吐いて、顔を上げたときに、パッと息を吐く。


お絵かきソフトを導入したので、さっそくそのイメージを書いてみました(笑)

前向きの呼吸を習得する

呼吸の感覚はつかめたでしょうか?


これでいきなりクロールの横呼吸をやっても、なかなか難しいのでまずは前呼吸の練習してみましょう。


ビート板を前にもって、顔をつけてバタ足します。このときは鼻から息を吐きます。


そして、顔を前にあげてパッと息を吐ききり、空気を取り入れて下さい。

お絵かきソフト、まだまだ慣れません・・・(笑) これを繰り返して、やってみましょう。