水泳用の水着にも色々種類がある

前回、ゴーグルについて書きましたが、今回は水着です。


みなさんは、どんな基準で水着を買われますか?


大抵の方は、デザイン的なものでしょう。まさに、前回のゴーグルと同じだと思います。


ちなみに、私の場合は、まず、用途により水着を買い分けます。


そして次にデザインですね。デザインは用途の次です。


水泳における水着にもいろんな種類がありますが、できれば私のようにまずは用途で買うことをオススメします。用途については後述します。


以下、用途別に水着について説明します。


どんな水着にしたらいいか迷っている方は参考にしてくださいね。

よく見かけるお尻のところについてるマールは何?

ところで、お尻のところに以下のマークがついている水着を見たことがないでしょうか?





これは「FINAマーク」で、FINAとは国際水泳連盟のことを指します。


ようは、FINAが認めた水着でして、日本水泳連盟やその加盟団体が主催する公式大会と公認大会では、必ずこのマークの入った水着の着用が必須なのです。


また、公式大会とかで日本記録や、世界記録が出たときに、このマークの入った水着でないと認められません。


というわけで、このマークが入った水着は、「競泳用水着」というジャンルになります。


別にこのマークが入っている水着でも問題ありませんが、価格が高かったり、正直あまりいいデザインのものがないのが特徴ですね。


それに、試合用に作られていることもあり、締め付けがあったりしますので、ゆったり練習するにはちょっと向いていないと思います。

水泳には向かない水着

あきらかに、水泳には向かないのは、男子ならサーフパンツ、女性ならビキニです(笑)


ウォーキングくらいなら問題ないですが、サーフパンツでは水を吸ってしまって、重すぎて泳げません。


また、女性のビキニは、正直場違いな感じがしますので・・・ フィットネスクラブによっては、ビキニの着用を禁止しているところもあるようです。


余談ですが、サーフパンツを練習で着用することもあります。


先程、重すぎて泳げませんと書きましたが、この重すぎる点を利用して、わざと負荷をかけた練習をするのです。


結構キツイですよ(笑) 一度やってみてください。

練習用水着

泳ぐのであれば、練習用水着は購入しておきましょう。値段もそれほど高価ではありません。


練習用水着はできるだけ長持ちする水着が良いですね。


最初に述べたFINAマークが付いていてもいいですが、履きやすいものにしてくださいね。

フィットネス用水着

主に女性に多いフィットネス用水着です。


アクアビクスやウォーキングに最適ですし、もちろん水泳にも向いています。


デザインもいいものが多いので、女性のかたはこちらを選べばいいのではないのでしょうか?

試合用水着

競泳レース用水着です。


マスターズ大会や、各種大会に出場される方は、ぜひ一着購入しておいてください。


レースでタイムを出すために作られた水着であり、FINAマークがついているものがほとんどで、価格も高額です。


レース用ということもあるので、高機能であり、身体にフィットするために極力小さくつくられており、着用するまでにめちゃくちゃ時間がかかります。


私が愛用しているレース水着は、専用手袋をつけて着用しないといけないですからね。 爪立てたら破けるんですよ(笑)


こんな試合用水着ですが、実は試合以外にも使いみちがあります。


スランプに陥ってる場合に、練習時にあえて試合用水着を着用するのです。


普段より速く泳げている感覚になり、モチベーションをあげるのです。一度試してみて下さい(笑)


↓↓↓私が使用している試合用水着です!

こんな魔法の水着もあります

最後に、魔法の水着をご紹介します。


それが、「ゼロポジション」という水着です。


これは、山本化学工業という企業が開発した水着で、なんとこれを着用すると浮力が生まれ、下半身が浮くという魔法の水着です。もちろん試合では使えません(笑)


水着も3タイプあり、初心者用、中級者用、上級者用とあります。私も上級者用を1着持っています。


使い方は簡単で、普段着用している水着の上から履くだけです。


男女兼用で使え、下半身が浮いてくれるので、抵抗が少ないまっすぐ姿勢で泳ぐことができます。


その状態を身体に覚えさせて、ゼロポジションなしでもこの姿勢で泳げるようになるのが、この水着の目的です。


ゼロポジションについては、別で書いた記事があるので、こちらを見てくださいね!


ゼロポジションで綺麗な泳ぎを手に入れる!

スポンサードリンク



文責:細木 貴之



■お問い合わせメール大歓迎です


お問い合わせはお気軽にどうしたら泳げるようになるのか? 早く泳ぐコツは? などなど・・・
聞きたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。!